ほうれい線ができ易い笑い者、でき辛い笑い者

面白いことがあるという、大きな口を開けて頬を上げてワッハッハ!

しばしばやります。とっても笑って要る感じがして好感が持てますよね。

も、そのスマイルが原因で、目のあたりや口元に微笑みジワが深く刻まれてしまいます。

この前、ものすごく笑っているときにフォトを取られてしまいました。

狭く写ると楽しそうなスマイルなのですが、画像を拡大して見てしまいました。発見なんてしてみてはいけませんよね。

ほうれい線のシワの深さに打撃を受け、私ってあんなスマイルですなと落ち込んでしまいました。

笑うたびにシワが深くなるかというといった、笑うのも不愉快になりますよね。いざ、役者でも決して笑わないという自分もいますから。

も、笑わない人生なんてつまらない!

ということで、ほうれい線のでき辛いスマイルを検討しました。

フォトの私は口をアのシルエットとして著しく開いて笑ってある。こういうアのシルエットこそが、ほうれい線のシワを深くしている原因です。

では口角を上げてイの形で笑ってみます。笑みむようににっこりと。すると、今度は目のあたりにシワが押し寄せていきます。

イの形で笑うケース、上唇を幾らか開けないといけないようです。

但し、これでは抱腹絶倒はできません。徹頭徹尾微笑む程度の微笑みパーソンだ。

次はウのシルエット。ウは駄目!

ではエのシルエット。エという発音し、上唇を上げて上の歯が窺えるように決める。イの時のように頬がのぼり過ぎないので目のあたりにシワがいきません。しかも口がひろがり過ぎないので、ほうれい線にもシワがいきません。

見た実態のあるスマイルだ。そんなふうに、TVや書物にあるアクトレスや理想のスマイルだ。一切こうやって笑っていたのですね。

因みに、オのシルエットもシワがいかない笑いパーソンですが、まさかオホホと笑う定義にもいかないのでカットだ。

ということで、ほうれい線にシワのいかないベストな笑いパーソンは、エのシルエットだ。善玉菌は胃酸に弱い。だからフルーツと一緒に食べると腸まで届きやすくなります。

ほうれい線ができ易い笑い者、でき辛い笑い者